沿革

 


明治34年 初代 三枝鉄次郎が富山県新湊市七美、三枝伝吉より分家。富山県射水郡小杉町に於いて、富山、石川両県に於いて廻商を始める。その後、二代目三枝有範と共に北海道へ進出。現在の(株)三枝薬房の基礎を成す。

昭和30年 2月 社名を(有)三枝薬房とし、法人化する。
資本金160万円。代表取締役に三枝有一(3代)就任。

昭和46年 3月 (有)三枝薬房 小樽営業所開設。

昭和53年 3月 札幌田村薬品株式会社設立。資本金800万円。
代表取締役に三枝郁夫就任。

昭和60年 3月 (有)三枝薬房苫小牧営業所開設。

平成 2年 1月 (有)三枝薬房 三沢営業所開設。
10月 創業90周年式典を行い、代表取締役に三枝郁夫(4代)就任。

平成 4年 12月 苫小牧営業所社屋完成。

平成 5年 4月 札幌田村薬品(株) 資本金2,000万円に増資。7月に本部設置。
10月 (有)三枝薬房 北陸西営業所(福井)開設。

平成 6年 3月 (有)三枝薬房 倶知安営業所開設。
5月 (有)三枝薬房 本社事業本部設置。本社業務を事業本部へ移行。

平成 7年 3月 資本金を増資、1,000万円とする。
7月 (有)三枝薬房 山梨営業所開設。

平成 8年 1月 組織変更し、株式会社三枝薬房とする。
4月 (株)三枝薬房 山口営業所開設。

平成10年 9月 (株)三枝薬房 小樽営業所新社屋完成。

平成11年 8月 (株)三枝薬房 下関営業所開設。

平成12年 10月 (株)三枝薬房 事業本部 上新町に自社社屋を購入し移転する。
11月 創業100周年記念式典を行う。

平成14年 9月 資本金を増資、5,000万円とする。

平成18年 4月 ホームページ開設。

平成19年 8月 北陸西営業所新社屋完成。

平成23年 9月 代表取締役社長に三枝勇一郎(5代)が就任。
三枝郁夫は代表取締役会長に就任。

平成27年 9月 組織変更し、札幌田村薬品(株) を(株)三枝薬房 札幌営業所とする。